cobra-3
 
■プロフィール

カッパ

Author:カッパ
カッパと申します。
ヨガにハマってヨガッパに
なりました。
ヨガッパグッズつくってます。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
壁紙・冬から初春バージョン
カレンダーイラストをスマホ用のサイズにした
ヨガッパの壁紙「初春バージョン」です。
使ってねー♪

商業利用はお断りします!


2015年ヨガッパカレンダーより。

201502img.jpg

カッパの皿はきっと凍ってますよね。
ハダシで寒そう!!
これは、「スノーシューやってみたいなぁ」と思って描きました。
やったコトはあるんだけど、スノーボードしに登っただけで、ハーハーゼイゼイしてました..。
あれで森の中をお散歩♪♪とかしてみたい。
まだ実現してませんが、いつか!!

夢は見ておかないと叶いませんから、やりたいなぁ〜と思っておくことが第一歩です♪
自分のやりたいことを考えてみるのも楽しいです。


201503img.jpg

鼻うがい「ジャラネティー」をしています。

花粉や風邪に効果絶大です!
ポイントは「擬似鼻水」をつくること。
体温くらいのぬるま湯で、鼻水くらいのちょっとしょっぱい塩加減の塩水で。

そうすれば、鼻水をすするのと同じなので全く痛くないし怖くないですよ〜♪♪
ウガイや耳掃除や歯磨きと同じ、鼻のお掃除。
やってみて!!

ちなみにわたしはヨガで知る前に、『片鼻をふさぎ、コップから鼻ですすって口から出す』という方法でやっていたので、どうしても口から出てきてしまい、鼻→鼻 ができません...
ということで、コップでもできますよ。

さいごに鼻をかむときは、やさしく長く。
そうすると耳に圧がかからないそうです。

   

スポンサーサイト
壁紙 | 11:46:38 | Trackback(0) | Comments(0)
寒い思い出
ヨガッパがカレンダーの2月ではいてる靴下は、お友達のお母さんがよく手作りしてくれるという手編み靴下。
カラーリングがこんな感じで左右違いでとてもかわいかったので、マネしちゃいました
靴下って編めるんですね〜・・・

ygp201702.jpg

2月。
1年で一番寒い時期ですね〜。

小学校の長期休みっていうと、夏休みと冬休みですよね。
長野県南部の実家にいた子供のころ、夏休みと冬休みは短めで、代わりに
中間休み寒中休みっていうのがありました♪

中間休みは秋。農業の繁忙期なので、家が農家の子供が多いため働き手を確保するため。
梨の袋かけのバイト(1袋1円〜5円?忘れた..)などは学校公認で子供も募集してました。

寒中休みは2月だったと思う。雪が多い時期は登校が困難になる日が増えるので、だと思います。雪が多いほうではなかったけど、凍みる(しみる:底冷えする)ため、雪が降ればその日よりもそのあと数日が道が凍って歩くのが大変でした。
校庭も使えなくなるしね。(土の校庭は、雪が積もっていなくても霜が降りて凍るので、陽が出て暖まると溶けてグシャグシャになるんです。)

そのかわり、校舎の日陰にスケートリンク(外にプールほどのコンクリの枠を作ってあり、水を張っておくと凍る)があり、冬の外でやる体育はスケートかマラソン(外周)でした。ああ寒そう。

昔より気候も穏やかになったし農業の家も減った気がするけど、いまもあるのかな??
そしてどこの地域からどこの地域まで、そういう習わしになっているのかな?って今思いました。



寒いのはつらいけど、楽しみもあるので冬はきらいじゃないです。

冷たい空気を吸い込んだときのヒヤ〜ッとする感じとか、ああ冬ってこれだな!ってわくわくします。
布団乾燥機でぬくぬくに温めた布団に潜り込んだ瞬間も、あったか〜い♡ とうっとりして瞬殺で寝てしまいます。

以前は自分の都合で「寒いのはヤだな」って感じてたけど、歳をとったせいなのか、カレンダーを作るときに思い出せるように、「寒いときってこういう感じか〜」と客観的に季節を感じるようになりました。
そうすると、「早く暖かくならないかな」ではなく「もう少しでこの感覚も終わりかぁ」と思うようになりました。
「今」をよく味わい、しっかりと刻み付けて覚えておかないと、暑い時期にこのキンとした空気感までは思い出せないものなんです。

ありのままを感じる。
「いい」「わるい」とジャッジせずに受け流す。
ちょっとヨガに通じるなぁと思っています。

寒いときは寒くなり、暑いときは熱くなり、雨がふるときはよく降って・・・
そうでないと、野菜や果物もおいしく育たないです。

実家は農家じゃないんだけど、田舎は地形と気候の関係で寒暖差があり、あまい果物がとれます。
父が地産の果物やマツタケをおいしい時期に毎年必ず送ってくれるので、「今年は雨が少ないから果物の出来はどうかなぁ」と気にして、わたしも気候をそのように捉えるようになってきました。

あいさつや社交辞令で天候や気温のことを言うときは、相手に合わせて流すけど、実は、
「寒いね〜」のあとに続く、声に出さないわたしの言葉は「寒くてイヤね」ではなく「寒くてイイね」です。
「雨ばっかりでいやだね」と言われて「そうですね」と返しても、本心は「雨がしっかり降ったらおいしい果物が成るからたのしみ!」です。

四季があり豊かな自然の移り変わりを、「イヤだなぁ」なんて思わないで、おもしろしく思いながら過ごしたいです。


もう少ししたら、気温はまだまだ冬の寒さなのに、世間では「春っぽく」するようになります。
好きなだけ厚着してモコモコしてる姿が冬らしくてイイ感じに見えるのは、あと少しです。
花粉も飛び始めましたしね。

息を吸い込めば肺までキュ〜!っとなる、キンキンの空気を吸って「ひやぁ〜!冷たーい!!」ってたのしみましょう♪
こんなに空気が澄んで空がきれいなのも、春になるまでです。
  


つぶやき | 11:26:13 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。