cobra-3
 
■プロフィール

カッパ

Author:カッパ
カッパと申します。
ヨガにハマってヨガッパに
なりました。
ヨガッパグッズつくってます。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
地球のことが心配。
電車の中で、つらつら考えていて「おお!」と思ったことを書いてみます。
自分の中では大発見。
でも冷静に見たらきっとすごくくだらないので、
ヒマな人はよかったらおつきあいくださいー。長いし。

あ、あとキモイ & バッチイ表現が多々ありますので、
そーゆーの苦手な方、お食事中の方はおひかえなすって。
いや、お控えくださいー。




義両親がこんど、はじめての沖縄旅行へ行くそうです。
ツアーで、ホエールウォッチング、ちゅら海水族館、首里城、などなど
THE 沖縄満載。
わたしは何度か行ったことがあるので、いろいろ思い出していました。



うふふふ・・・



ちゅら海水族館には、ナマコとかヒトデを触れるコーナーがあります。
せっかくのチャンスなので勇気を出して、こわごわ、触ってみました。

ナマコは見た目を裏切り、ふにゃ~んとしていて、感触はきもちがよかった。
あいつは外見がウサギだったらとってもカワイイのになぁとか思った。

ちなみにヒトデはカチコチでした。
軽石みたい。



で、そのあとカヤックのツアーに行き、浅瀬でシュノーケリングして、
ガイドくんがナマコを拾って来て「みんなでやさしく触ってみましょう♪」と、
ソローリ、回ってきました。
ここで「きゃー!」と言いたいとこ(はっ!もしかしてそれが望みだった?)ですが、
前日体験済みなので、なんなくクリアー。
あんまりいじると水を出すんですよーと、ピュー!!と水を出して見せたり。。。

ん? あれは、オシッコなのか?

でも、ナマコという生物の中を、あの美しい海水が通過・濾過されて出ているのだから、
たとえオシッコだったとしても、「キタナイ」要素は一切ないのでは??

そう思えるほどに、沖縄の海はほんとうに美しい。
海から上がっても、潮の臭いニオイがなく、ベタついたりもしないのです。



で、人間以外の動植物は、地球とうまく共存してるとつねづね思うわけですが、
とくに「腸だけ」のような単純な体のつくりの生物は、水や土をきれいにするんですね。
ナマコとかミミズとか・・・(ウッ・・)

魚の中にも、「掃除屋」と呼ばれる、コケなどを食べてくれるのもいます。
鳥はフンすることで、植物の種子を運んでいるし、みんな生きてるだけで
地球のためになってるというか、うまいこと循環していると思うのです。

ニンゲンだけが、汚くしている、壊している・・って気がするけど、
人間だってこの地球のいきもの。
なにか役目があって、こうなっているのかなぁと・・・思いたい。


・・・だんだん宇宙規模のハナシになってきました。


そんで、ニンゲンの便や尿って、なぜあんなに「害」となるのだろう?
と思ったわけですね。
すごい臭いし。バイキンだらけで、汚いし。



そういえば、男女間では、遺伝子的にお互いを補ってよりよい子孫ができるようなものを
持っている相手に惹かれ合うって聞きました。
免疫だったり、容姿だったり。

ニオイもそうで、特に娘と父では、近親で結ばれないように体臭を「クサイ」と感じるそうです。
逆に、遺伝子的に合うお相手のニオイは、いいニオイ、またはニオイを特に感じないんだそうです。

自分に害となるものは、クサイとかキタナイとか、「生理的にムリー!」とか
感じるよーにできてるんでしょうねー。なるほどなるほど。

ていうことは、同じ種族であるヒトの便や尿は、「クサイ」「キタナイ」と思って当然。
いいニオイとかだったら、口にしてしまったり、隔離せずにそばに置き、
病気になってしまうかもしれません。

でも、むかしは畑の肥やしにしていたように、地球にとっては栄養となりうる。
自分がそう感じるだけで、そのモノ自体は、わるいモノではないわけだ。



なので、ナマコが美しい海で内も外も美しい存在であるように、
人間もきれいな空気を吸い、きれいなものを食べていたら、いいのでしょうか?

ヨギには、そういう生き方をしたいと望んでいる人が多いように思います。
でも実際にやるとなると、社会の構造がそうできていないので、
逆に効率がわるくてお金がかかってしまったり、食べ物を選びすぎて
無駄にしてしまうことも出ると思う。

もっともっと、もーーーっと、あたりまえにみんながヨガするようになって、
自然派みたいな考えを「いいな」と感じられるようになり、そんなしくみが
世の中に広まって行くといいなぁと思う。

でも、待てよ?
けっこう、そういう方向へ、世界は進んでいるような気もする。
どっちかというと。

そっかそっか。
ゆっくりだけど、いまのままで、ヨガして、すこし体にイイことして、
地球にやさしいことを選んで、家族や友達にやさしくして・・・

特別なことをしなくても、そのまま生きて行けばいいのかもしれない。

    
スポンサーサイト


つぶやき | 10:30:35 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
本当に!!!
イイネv-218
イイネv-218

父娘で近親相姦を本能的に防ぐために、年頃の娘が父親の匂いを嫌うって!!!!
今は大好きな父親が、あの頃あ~んなに生理的に嫌いだったのがうなずけます!(贖罪か!?)
自分の中の父親への申しわけない気持ちが少し、しょうがないことなのか!?って・・・

そう、生物の中を物質がぐるぐる回って、生きて、死んで、土に返って(水にかえって)、栄養になって、また使われて生の一部になって。。。。

なんですが、家庭菜園の自分の庭に牛糞堆肥やらを使うのがためらわれています・・・・・これもまた汚いもの、臭いものをを避けたいという、細菌感染防止の本能が働いてる!?

なんにせよ、自分も、他人も、他の物も、大いなるモノの一部なのデスね!
2012-03-07 水 09:12:19 | URL | ぼ~ちゃん [編集]
●ぽ~ちゃん
コメントいつもありがとうです~v-207

そうそう、コメント読んでて思い出したんですが、わたしの友人がむかし、「実家にいる寝たきりのおじいちゃんのおむつを換えて、汚いって思っちゃって・・・」と泣いてたんですよ。
それは汚いと思うのはあたりまえ。
だけど、大好きなおじいさんのことをそんなふうに感じてしまった自分にショックを受けたようで・・なんて心のやさしい子なんだろうって思いました。
本能なんですよね。しょうがないんですよねー。
あのとき、それ知ってて言ってあげられたら、彼女もちょっとラクになれたかも。。て思いました。

家庭菜園してる人は、してない人より地球と共存してる感じがしますー。v-218
肥料はいろいろ選べるので、ストレスなく使えるものにすれば問題ないのでは?
さいしょ抵抗があっても、おいしい収穫があれば気にならなくなるかもだし・・
自分と相談してチャレンジするなりしてみてください~!
たのしむことがイチバンv-238
2012-03-07 水 11:49:56 | URL | カッパ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ