cobra-3
 
■プロフィール

カッパ

Author:カッパ
カッパと申します。
ヨガにハマってヨガッパに
なりました。
ヨガッパグッズつくってます。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
クニヒコ先生のシバナンダ
シバナンダヨガを受けられるスタジオ自体が少ないなかで、
自分の都合のいい時間帯・場所で受けられるクラスってほんと少ないんですよね~。

でもまぁ、たくさんあっても全部に出れるわけじゃないので、1コあればイイんですが。

他のヨガもおもしろいけれど、やっぱりシバンダはいいなぁって思います。
シンプルで、基本がつまってて、足りないところもやりすぎもないカンジ。。




はじめてやったのがシバナンダで、その後先生やスタジオの移転などのため
シバナンダクラスがなくなり、クリパルヨガをやってました。
(クリパルもすんごくいいです)

またもやスタジオ移転で、とうとう通えなくなり、ちょっとジプシー。



そしてこのところ通ってた、シバナンダのクニヒコ先生が旅立つため、ラストでした。
マントラも思い出してきて、なじんできたかなーってところで、先生交替。

えーっさみし~

残念だけど、自分に必要だから起こる変化なんだろうなーと考えるようにしてます。
すでにその恩恵はありました。

先生が今日のクラスでおわり、という日に「よかったら数人で飲みにいきませんか?」
とさそっていただき、挨拶だけで会話をしたことなかった生徒さんたちとお話しできたり、
先生のバックグラウンドを聞いたり、自分のことを話したりする機会をもてました。

クラスがずっと続いていたら、ふつうに帰っていました。

   kakasana
クニヒコ先生のクラスで、できるようになってきたカカアサナ


クラスのおわりやはじまりに、先生や生徒さんと軽く会話したりするのがけっこう好きです。
ヨギの興味あるものは、たいていかぶるので、興味津々。
ヨギ的フィルターをかぶせたものの見方・ヨガの哲学な部分の話とかもすき。

わたし以外の生徒さんたちは、ヨガの哲学とかの話を聞く機会がなかったらしく、
目をキラキラさせながら先生にいろいろ質問していました。



わたしは始めてからまもなく、そういう話を聞く機会があり、WSにも参加して
はぁ、ヨガってポーズだけじゃないんだ~!と知りました。

あのころは、スタジオがどんどんオープンしていくブームのさなかで、
そういう「はじめての人」に向けた基本的なことを学ぶWSが多かったかも。

ふつうにクラスに通って、終わると着替えてサッと帰る昨今のヨギには
なかなかヨガの神髄?に触れる機会がないのかも。

みんなはその扉をみつけたカンジ?



ヨガには八支則(はっしそく)というのがあり、体を使ってポーズをとる「アサーナ」はそのなかの1つ。
この8つの中の「アーサナ」だけを『ヨガ』としてやってるわけです。

1. 禁戒(ヤマ)       日常生活の中で行わない方が良いこと(5つ)
2. 勧戒(ニヤマ)      日常生活の中で行った方が良いこと (5つ)
3. 坐法(アーサナ)     理想的な姿勢をとること
4. 調気(プラーナーヤマ)  理想的な呼吸を行うこと
5. 制感(プラティヤハーラ) 感覚をコントロールすること
6. 集中(ダラーナ)     集中を行う努力をすること
7. 瞑想(ディヤーナ)    集中が自然に深まっている状態
8. 三昧(サマーディ)    集中の対象と調和している状態
~ YOGA.jpサイトより引用しました ~

「ヨガ」とは、安定してずっとずっと静かに座していられることを目標にしています。
そのために必要でクリアすべき事柄がこの8本柱につまっています。

静かにジッ・・と座すためには、まず思う存分体を使って動くこと、がアーサナの役割です。
ポーズができる・できない、が目的になってしまうと、できるようになったら、おしまい? 
または、どこか傷めて遠ざかったり、飽きてくるかもしれません。

他の7つは一体どんなものなの? と興味がわいたら、ワークショップに参加するといいと思います。


わたしは「シバナンダヨガの一日」という、アシュラムでの修行の日々をライトに体験できる
おトクな WSに参加して、はじめてこの八支則を聞きました。
マクロビランチが出る、というので食べてみたかったのが大きいんですケド。

いまはなきスタジオなので、このWSはないけど、探してみれば出会えると思います。
自分のヨガが深まり、もっと楽しくなります。


ポーズができる・できないではなく、できていく過程に喜びがあり、できないときの心境に学びがあります。
カンタンにできてしまっては、つまらな~い! だから難しいポーズもあるのだと思います。

ヨガ的な目線をもって毎日の自分を見てみると、
それはヨガだけじゃなくて、生活にも遊びにも、同じようなことが起こっています。

ポーズをとらなくても、いつもヨガしてることになっちゃいます♪




やっぱりシバナンダっていいな、と思ったとともに、はじめたころの気持ちも思い出させてもらいました。
ありがとうございました! 

シバナンダティーチャー Kunihiko先生のブログ 
~ Center of my Mind ~


      
スポンサーサイト


ヨガ | 15:01:24 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。